ふれんずのにっき

た〜のし〜!

お世話になったアリアン珍獣

cojブログあんてな登録ありがとうございます。  

こんにちは、ちょめ です。

つい最近までお世話になっていたデッキについていろいろと。JⅠマッチでの話ですが参考になれば。

1.レシピと中身について
2.動き方ざっくり
3.現環境で
4.終わりに

1.レシピと中身について
f:id:xxxchome:20151124001228p:image
coj高等戦術研究所様を利用させて頂きました。

Bアリアン珍獣です。JⅡ〜JⅠ間のほぼ全てをこれで稼がせて貰いました。毘沙門が3枚になったり、魔法石が入ったりしてましたが、最終的にこれで落ち着きました。一応色々考えての構築です。このレシピの利点として、ポイント変動の影響をほぼ受けないという、面倒臭がりな私にはありがたい効果がありました。改めて見るとCIPサーチばかりですね…

・プリティベル&スポアガール
Bの要です。スポアガールは、テンプレのグラインドビートルと比べて重くて脆いですが、アリアンで飛ばす分には後続の珍獣を寄せれていい感じです。相手の装填ケアにも。装填入るデッキには精霊少ないです(体感)。ごく稀に、「相手マーヤ込みフルパン」→「キノコ追い風珍突撃」で逆転できることもあります。ごく稀に。

・トリガー3枚
先行後攻とも、3tにはアリアンと追い風が欲しい場面が多々あったため、トリガーは絞りました。テンプレで入る勇猛なる決起は、盗賊やトリガーロスト等、パンプが入ったデッキ相手で上手く使えなかったので抜けていきました。戦士トリガー(アリアンロッド確定サーチ)はとあるランカーの方のブログで紹介されていたのをそのまま。魔法石も良いですが、入れても戦士トリガーの枠に1枚が限度だと思います。

・歴戦の勇士
元々は、加護盗賊の加護ジャンヌ対策で入れていたものです。最近盗賊自体減ったように感じますが。決起使うのが下手なのと、当時はこれがないとDOBが届かなかった、というのも採用理由です。
殴ってきたマーヤを返り討ちするのにも役立ちます。マーヤほんとつらいです。手札に呼ぶ方法が素引きしかないのは大変微妙ですが…

ユニットはテンプレから弄れませんでした。オーバーライドでデッキを掘り、ワンハンで2周目に入れるとすごく強いデッキなので、よほどのことが無ければユニット3投、インセプ枚数は固定が良いと思います。

2.動き方ざっくり

マリガンは、
先行 プリティベル+ヴァルゴorカイムor狂犬
後攻 カイム+ヴァルゴor狂犬orスポアガール

こんなんでやってました。左から大事な感じで。2tまでにウィンナーヴァルゴ以外で珍獣出すのは多分弱いです。少しでも堅い盤面にしておきたいです。3t目に追い風アリアンで盤面制圧できるとだいたい勝てます。上手い人に捲られて負けるのも良くありましたが…
主観ですが、アリアン珍獣は「アリアンロッドでマウントをとる」のではなくて、「防御札の無い相手に5点突撃を叩き込む」のがメインのデッキだと思っています。

何かの間違いで、スポアガールが生き残っていると最強です。マーヤいても平常運転。緑なので追い風使える。スポアガールさいつよ!

カイムとヴァルゴで早めにトリガーサーチして綺麗に踏んで、ほぼユニットだけの山札にできれば強いかと。

シヴァはかなり強くて、個人的にかなり難しいです。とりあえずバラで持ってて、状況によってOC、みたいな感じです。

追い風はJK打つターンまで温存が強いです。打って制圧も大事ですが、追い風があればあるほどドロー後に動けて、ワンショットもしやすいです。相手の伏せが無ければ、ライフ5〜6点でもヴァルゴの防御禁止、OCユニットで+1点等して突撃で勝てます。

3.現環境で
赤青が多すぎてキツいです。後トリガーロストも。バアル&マーヤで何も出来ず終わったり、初手ベルがメリィに焼かれ、スルトは追い風割ってくるし銀盤で飛ばないし珍獣焼いてくるしで相当です。めちゃくちゃ負けました。QⅣまで残り1000くらいまでアリ珍で盛って、そこから赤青連打され、他のデッキにも勝てなくなって5000くらいズルズル燃えました。もうきつい、マーヤ見るだけで泣きそうでした。そして…












f:id:xxxchome:20151124210729p:image
1分で組んだ脳死赤青で勝率8割、QⅣ昇格しました。適当に対面出てたのコピーしてこれってなんなんでしょうか。

4.終わりに
最後ぶれましたけど、アリアン珍獣にここまで連れて来て貰ったのは間違いないです。
追い風突撃決まると楽しいですし。また使ってると思います。私は使ったこと無いんですが、ヴァイオレットや天帝インドラなどマーヤメタ強いんでしょうか…?回転落ちそうだと嫌ってましたが、何事もやってみないとわからないですね。

長くなりましたが、こんなところで。

それでは。